FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

MP3の賛否両論 1

MP3は簡単にいえばデーターが軽いうえに非圧縮の音楽データーPCMと聞き比べて
全く劣化が無く聞こえる技術を目指して開発されたフォーマットだ。
本当はまったく劣化が無いわけではない、劣化がないように聞こえる技術なのである。

普通のCDに収録されているPCMデータが1411.2kbpsに対して通常のリスニングに耐えうる
範囲でmp3フォーマットで最低128kbps確保するだけで
神経質にならなければ普通に聞けるレベルなわけだ。普通というのは
『ん?なんだ?この音変じゃないか?』っと思わないレベル。
データサイズは約10~11分の1という軽いファイルサイズで済むから
mp3はインターネットを通じて音素材が流通した先駆け的な存在となるわけである。

とにかくMP3はデータサイズが軽い
この前置きを知っている事からMP3は音が悪いという先入観が生まれるわけである。
きっとこの種明かしさえしなければ128kbps以上を確保したMP3データを普通に聞いて
気が付く奴はいないと私は確信しているわけだが
周りには『ん~やっぱMP3だから音悪いなー』と言っている人が多いわけである。
私にしてみればそれに気が付く耳の良さに驚かずにはいられないわけである
というよりも前置きを知っているからの発言、もしくは
ビットレートを128kbps以下にしているのでは?と思うわけである。

前にも述べたようにmp3は元のデータを圧縮したものだが
圧縮に伴う劣化を出来るだけ気付かせないための技術なのである。
音声データを極端な音質の劣化を比較伴わずに圧縮できる技術なのだ。

周波数による音の聞こえ易さの違い(最小可聴限界)や大きな音が鳴った際に
その直前直後や近い周波数の小さな音が聞こえにくくなる現象(時間/周波数マスキング)等の
聴覚心理を利用した圧縮を行うため極めて優れた技術なのである。

そんな聴覚心理さえも乗り越え
『ん~やっぱりmp3は駄目だな』と言う人はある意味超人なのである。

そんな超人の言う事を理解してあげる為に考えられる事が数点あります。

続きを読む

スポンサーサイト
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

テーマ : 技術系・クリエイティブ系
ジャンル : 就職・お仕事

tag : リニアPCM 心理的 聴覚心理

>

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

現役音声さん

Author:現役音声さん
音声さんの部屋へようこそ!
現役音声さんは毎日マイクにノイズが入ってストレスな毎日を送っています。もう音声さんを卒業しようと思っています。そしたらこのブログの題名を『退役音声さんの真実』に変える予定です。現在退役音声さんでございます。ブログ名はこのままでいきます。。

リアルタイムエリア
スポンサードリンク
RSSリンクの表示


最新記事
現役音声さんのリンク集


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

エリア22
チビコンクエスト
音屋カウンター
リンク
音声ランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。