FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

音声さん殺害された被害者の家に行く

前回とは違う事件で、夫に殺された妻の実家に遺族の話を聞きに行くという仕事があった。
事件からすでに半年が経っているとはいえ被害者の実家に行くのは気が進まない。
しかし仕事は仕事である。現場近くにロケ車を停めクルーは一行、歩いて被害者宅へ向かう
リポーターにワイヤレスハンドマイクを持たせてカメラマンと音声マンとディレクターは
少し離れた場所で待機する。最初行くのはリポーターだけである。
『アポなしだからドヤされるかなー。。』ディレクターが小声でいう。
アポなしで被害者の家に行くのが定番な番組らしくそのリポーターとディレクターは
日本中の被害者宅を巡るお仕事をしているわけである。いろんな仕事があるもんだ。
そんなことを言ってる間にリポーターが被害者宅のインターホンを押した
一通りの交渉の末、家の中でインタビューに答えてくれることとなる

ディレクターは私達に言った
『いいですか、被害者の家に入るときは目は下にして悲しい表情のまま入ってくださいね。以前ニヤついた表情のまま被害者宅に入った馬鹿なカメラマンがいて追い出されたことがあるので』
私とカメラマンは頷いた
悲しい表情をつくり静静と被害者宅に入る
殺害された娘の遺影をバックに父親のインタビューは始まった。


話が続くに連れ段々と父親に感情が入り込み
涙ながらに自分の娘を殺害した犯人である夫の事を語りだした。

『アイツはね、最初から頭がおかしかったんだよ。娘が言うには一ヶ月の食費を15万円しか出してくれなかったらしんだよ。15万円で1ヶ月食っていけますか?食っていけないでしょ?その時点であの男はわしの娘を虐めとったんじゃ!人ひとりが1ヶ月15万円で食っていける訳ないでしょうよ!あの男は最初から娘を殺すつもりだったんじゃ!』

そんな話を2時間ほど聞いたあとスタッフ一同は線香を1本上げて被害者宅を後にした。
玄関を最後に閉めたリポーターがすぐに言った
『このインタビュー使えないなー』

私が続いて言った
『僕の給料手取りで14万ですけど』(技術会社にいた頃)

カメラマン
『嫁もそうとう嫌な奴やったに違いないな~。新聞では夫が一方的に悪く書かれてたけど
半年後に話聞いてみると色々新しい事実が出てくるもんだなー。』

ディレクター
『もうどうでもええわー。昼何食いますか?途中で腹減って仕方なかったんですわー。』
食った後に次の現場に向かいましょー。え~っと次の事件は、、、』

あー食って行くって本当に大変だなーってシミジミ感じてしまうんだな。
こんな仕事しても月に14万。3万のアパートを借りて細々と暮らしている。しかし決して不幸ではない。
でも世の中には食費だけで15万で生活できないって泣きながら言う人もいるわけだから
本当に世の中には色んな人がいるんだなーって感じるわけだ。
人の命から学ぶことっていっぱいあるんだなと気付かされるわけだ。

次回は密着救急隊員です

現役音声さんは効果音サイト 効果ON! をサポートしています。
関連記事
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

テーマ : プロのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

tag : マスコミ 殺人事件 被害者 現場

>

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相変わらず、面白いですね。それにしても、色々な人生を垣間見ることは誰にでも出来ることではありませんから、こうして文章化されるのは、有意義です。また面白いの読ませてください。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

現役音声さん

Author:現役音声さん
音声さんの部屋へようこそ!
現役音声さんは毎日マイクにノイズが入ってストレスな毎日を送っています。もう音声さんを卒業しようと思っています。そしたらこのブログの題名を『退役音声さんの真実』に変える予定です。現在退役音声さんでございます。ブログ名はこのままでいきます。。

リアルタイムエリア
スポンサードリンク
RSSリンクの表示


最新記事
現役音声さんのリンク集


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

エリア22
チビコンクエスト
音屋カウンター
リンク
音声ランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。