スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

音声さんと仕事のランク その1

聞いた感じ同じ職に見えて、実は全く内容が違っていたりする仕事がある
例えば、プログラマーと聞くと大体の人がゲームをプログラミングする人だと連想したりするけど
ゲームの他にもATMで操作する画面をプログラミングしたり、在庫管理ソフトをプログラミングしたり
色々なプログラマーがいるのと同じように
音声さんにも色々な種の音声さんが存在する。

映画やドラマの音声さん
CMの音声さん
TV番組の音声さん
ニュースなどの報道専門の音声さん

ざっと単純にこんな感じだ。で、上から順に見下される順番だと言ってもよいだろう。映画やドラマはDVD化されたりするから記録物としては一生モノなわけで、それを観る人間も買ったりレンタルしたりしてなんども楽しむ母体だからロケ的にも予算はあるしギャラも高い。だから中途半端なお仕事は出来ない。セリフの中にノイズ1つでも入っていては困る そういう世界だ。だから撮影中スタッフが車を止めたり通行止めにしたりするくらい大掛かりな仕事なわけだ。まあ予算にもよるけどとにかくしっかりと音を録らないといけない。

次にCMであるが。こちらもオンエアとして何度もTVで流れるわけで、しかもスポンサーがいて、その宣伝、広告なわけだから宣伝中に雑音や邪魔な音は許されない。短い時間の作品だが、しっかりしたCMだとセットにもお金がかかっていて照明にも時間をかけてこれまた予算にもよるけどしっかりと音を録らなければならない。

次に、TV番組であるが、ここまでくるとガクッと音のクオリティが下がる。
バラエティなんかだと6~8人ものタレントがワイワイガヤガヤ面白おかしくしゃべりまくるわけで
スタッフも笑いまくったりしてオンエアによくある芸人が面白いことを言うと後ろから爆笑が聞こえるのがそれである。多少ではあるがワイヤレスマイクが調子の悪い時などはもうガンマイクで行ってしまおうぜ!
ってのもありな世界だ。収録テープの数も多めで、3分番組で30分テープが8~10本回るときもある。
殆どカットされて面白くて使える部分だけ使って編集して面白い番組をつくるわけだな。CMなんかと比べると無駄なカットが多く無駄なテープも回るわけで上記の2つとは現場の雰囲気も違ってくる。映画やCMは口調の激しい体育会系な世界に比べてTVは和気あいあい的な部分がある。体育会系に耐えられずにTVの世界に来る技術さんも少なくはない。

そしてニュース報道系であるが、完全に世界が違い、重要な部分が取れていればOKの世界なのである。
激しい記者会見などカメラがブレブレでも雰囲気的に感じが出て良しとされるわけで
照明をしっかりあてて舞台をセッティングしてとかいう世界ではないからクオリティを追求される世界ではないのである。つまり撮れてりゃいい!というわけだ。そしてDVD化されることもなく
そしてニュースは1回だけの放送で実にナマモノ的なジャンルなのである。
しかし怖いのが、ニュースは各社報道戦争なので、いかに情報を早く正確に視聴者に伝えることができるかというのが使命なだけに1チャンスを逃してしまえば命取りなわけである。
警察が立てこもり犯人を捕まえる瞬間を各社撮影している中、
タイミング悪くトイレに行っていたカメラマンだけがそのシーンを撮れなくて
その局だけそのニュースを報じられなくて大変なことにって人を数人知っている。
映画やドラマやCMやTV番組は台本があるからミスをしたらいくらでもやり直せれるが
報道はやり直してもらえない、つまりはワンチャンス勝負なわけで少し職種が違うと言ってよいだろう。
撮れていればブレていても音が歪んでいようと許される世界、しかしワンチャンスなわけだ。

何にしてもランクつけ、格付の基準は仕事の難しさからくるわけで
この順番が哀しいかなそれぞれ暗黙の了解で見下される対象基準なわけである。
『あーあいつ報道出身のカメラマンだからさ~』っとTV番組の撮影中で小耳に挟むことがあるんだな。
もちろんTVやってる人間が下手にCMにいくとボロカスである。
自分の管轄を超えた環境に無理に仕事を受けるととんでもない目に合うわけだ。

ちなみに一番見下されているのが
結婚式で見かけるブライダルカメラマン、通称ブライダラーである。
どのTV業界でもやっていけなかった人間、もしくは趣味程度の人間がやっているパターンが殆どで
その割に、カメラに付いて偉そうに語る人間が多いから業界では一番低く見られているポジションで
業界の人間は絶対に自分の結婚式でブライダラーに発注することはない。
何時も仕事をしているカメラマンに金一封を渡して頼むのが一般的とされている。

プロダクションの面接で堂々と『私はブライダルカメラをやっていたので経験者です』
っと胸をはって言う人がいるが、その時点で内定は無いと思ったほうが良い。
それくらい業界では低く見られている存在なのである。


次回は『音声さんと仕事のランク その2』です。お楽しみに。

今回の効果音は私の一押しの効果音です。養命酒の音!

現役音声さんは効果音サイト 効果ON! をサポートしています。
関連記事
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

テーマ : プロのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ブライダル ドラマ 映画 撮影 カメラマン DVD化

>

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

現役音声さん

Author:現役音声さん
音声さんの部屋へようこそ!
現役音声さんは毎日マイクにノイズが入ってストレスな毎日を送っています。もう音声さんを卒業しようと思っています。そしたらこのブログの題名を『退役音声さんの真実』に変える予定です。現在退役音声さんでございます。ブログ名はこのままでいきます。。

リアルタイムエリア
スポンサードリンク
RSSリンクの表示


最新記事
現役音声さんのリンク集


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

エリア22
チビコンクエスト
音屋カウンター
リンク
音声ランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。