FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

音声さんとドラマの撮影 その1

珍しく私のもとにドラマの撮影の話が舞い込んできた。音声録音と音響効果、MA、音に関するすべてを担当する事になった。いつも他人の録ってきた音に腹を立てる必要がないわけである。自分が音声をして自分で整音をする。自分のミスは自分でカバーしなければならないわけだ。ある意味このスタイルの方が好きだったりする。この仕事は先日納品し無事に事なきを得たわけだが色々と苦労したので面白おかしく綴りたいと思います。

早速撮影初日、定番の工事現場が近くにあるローケーションでの撮影となった。しかも交差点に面していて視覚障害者要信号機が設置してあった。青になったら『カッコーカッコー』と音が鳴る信号機である。工事現場では足場を組んでいる金物音がけたたましく鳴り響く。その上ダンプトラックの出入りも激しい。交差点故に青になったら車が走り出すからエンジン音が通過音よりもウルサイ。こんなフルコースなロケーションは滅多にない。
信号が赤になった隙を見て撮影しよう なんていういつもの方法は通じない。1シーン1シーン長丁場なのだから。結局いつも通り時間もないから撮影しようとなったわけだ。
ディレクターの方も『工事してるんだから工事の音が絶対入ってないと駄目ですよ』
っと冗談を言ってくれる方だったので実は精神的には全然楽だったりもした。

最初は3人が会話しながら目的地であるココに到着するシーン。3カメでの撮影となっていたので音声さんの入る隙間は何時ものようにない。ガンマイクで収録したいが3カメもあるのでいつもどれかのカメラが広い画を撮っていたりするからガンマイクでは不可能だ。しかもうるさい場所だから416ガンマイクだと余計に周りの音を拾いやすい。

そんな理由でワイヤレスマイクを仕込むことになる。
TV番組とは違い、マイクは衣装の中に見えないように隠す必要がある。
マイクが見えている映画なんて見たらドン引きするでしょ?
衣装によってマイクを仕込む場所が変わってくるのだが、演者が小道具としてネックレスやカバンなどを背負っていたりするからマイクを仕込める場所も限定されてくるのである。本番までに入念な打ち合わせとリハが行われる。完璧に仕込んだつもりがシーンによっては演者が話しながらカバンを下ろして中から物を取り出すシーンがあったりしてカバンのストラップや手がどうしてもマイクに当たってしまい、やむを得ずマイクの位置を口元から遠ざけなければならない時もあるわけである。
演者の動きを見てマイクの位置を考えなければならない。で、うるさい環境の中で撮影が行われるわけだが、3人のマイクのゲインフェーダーを上げたままにしておくと3つのマイクで周りの音を拾っているのと同じだから非常にウルサイわけである。こういう現場ではマルチトラックレコーダーを使ってゲインの上げ下げは最小限で全部ハードディスクに同録しちゃて後から音声処理をしたりする場合もあるが、あいにくそんな裕福な現場ではなかったので台本を読んで演者のしゃべる順番を覚え、いちいちゲインを上げ下げしてやる必要性があった。
(上げ下げは普段もするが喋ってない人間のゲインは可能な限り下げる。上げ遅れたら完全に音声ミスになるくらい下げる)
リハを重ねて行くうちにフェーダーワークも上手くなり、どうにか許容範囲の音になった。多少ウルサイけれど、運良く工事現場がアングルに見切れているから音としても工事現場音が入っていても全然おかしく無い。

さて、工事現場や車の音はこれでよしとして、問題はカッコー信号機の音である。同じシーンを何テイクも繰り返し、いい部分を編集で繋げていくわけだが、カッコー音が一定に流れていれば問題ないが、別テイクを編集で切り貼り切り貼りすると不定期にカッコー音が流れるから音的には完全NGなわけである。カッコー、ッコー、カ、カッ、コー、ッコーカッコー、コー、コーという変な音の中で演者のセリフが繰り広げられるわけである。それはまずいだろー。でもどうしようも無い。信号機を止めるわけにもいかない。ロケ地を変えようにもここじゃないとダメな理由もある。結局この音を整音しなければならないのは自分なのである。うーむ、そんなことを考えロケが進んでゆく
この音って編集するの俺なんだよなー。。。

過酷な条件下での撮影はまだまだ続く 第二部に続く
関連記事
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ にほんブログ村 テレビブログへ LINEで送る

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ロケ ドラマ MTR マルチトラックレコーダー 同録

>

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

まさにその通りです!
上手いカメラマン、上手い音声マンの素材ほどエディットは楽です。
しかし上手ではない物をエディットする時に技術が上がると思ったりしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

整音について

初めまして鹿児島県指宿市、有志で映像を制作しています。2006年から始めて昨年で7本作りました。一昨年から文化庁から助成金を頂き、指宿市の博物館と共同で教育映像を2本作りました。困っているのは整音をしてくれる方がいないことで、映像はそこそこ来てるのですが、音の強弱が激しくて困っています。hpに上げているものは鹿児島市内で録音スタジオを経営している方に頼みましたが、専門ではないのでうまく行きませんでした。昨年作ったドラマは数ヶ月後、テレビ放映することになりそうで、局から音が良くないと言われ、整音する方を探しています。50分程度でテレビでも使える整音を頼むと予算はどのくらいかかるでしょうか。お教え頂けたら助かります。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

現役音声さん

Author:現役音声さん
音声さんの部屋へようこそ!
現役音声さんは毎日マイクにノイズが入ってストレスな毎日を送っています。もう音声さんを卒業しようと思っています。そしたらこのブログの題名を『退役音声さんの真実』に変える予定です。現在退役音声さんでございます。ブログ名はこのままでいきます。。

リアルタイムエリア
スポンサードリンク
RSSリンクの表示


最新記事
現役音声さんのリンク集


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

エリア22
チビコンクエスト
音屋カウンター
リンク
音声ランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。